家の掃除の中で難しいとされている場所を効率的に綺麗にするためのちょっとしたコツを集めてみましたので、参考にして頂ければ幸いでございます。

家の換気扇の落ちにくい油汚れを掃除する方法を教えて下さい。油汚れはつけおきで落ちる!頑固な換気扇汚れの落とし方。

キッチン掃除の中でも、頑固な汚れが多くておっくうな換気扇のお掃除。掃除しないままでいると、汚れた空気がキッチン内に入ってしまい壁や床まで汚れることに…。さらに、中心軸とプロペラのすき間に油がくっついてしまうことで、プロペラが外れにくくなることもあります。

「プロペラ式換気扇の洗い方」用意するもの

家の換気扇の落ちにくい油汚れを掃除する方法を教えて下さい。油汚れはつけおきで落ちる!頑固な換気扇汚れの落とし方。

・ゴム手袋

宣伝=ガラス修理 http://xn--v9jtgob7ctdufdr0ld7628fmxwb0bo4ww6qd6y9aseeuv0m4cgpqr.com/glas/

・新聞紙

・スポンジ

・ボロ布

・古い歯ブラシ

・キッチンペーパー

・ごみ袋(厚手のもの、薄いごみ袋なら2枚重ねる)

・キッチン用洗剤や重曹

安全のためコンセントを抜いてから作業をして下さい。

1.汚れが落ちないように、ガスコンロの上には新聞紙を広げておきます。換気扇のカバーはめ込んであるだけなので、手前に引くだけで外せます。

2.プロペラを固定しているネジを、時計回りに回して外したあとプロペラも外します。外れない場合は、くっついた油汚れが糊のように固まっているからです。中心にあるモーター軸をドライヤーで温めて、油汚れを緩めてみて下さい。

4.シンクやタライなどにゴミ袋を広げ、ゴミ袋のはしっこをテープで止めておきます。この中に50度くらいのお湯とキッチン用洗剤を入れたら、油汚れが浮いてくるまで換気扇やフィルターをつけおきします。つけおきが終わったあとの水は、ゴミ袋のはしっこを少し切れば簡単に流せます。

5.プロペラはいったん洗い流したあと、キッチン用洗剤をつけたスポンジでこすります。落ちにくい汚れには、重曹を直接ふりかけてからこすります。そのあとは水洗いをして下さい。フィルターは、古い歯ブラシで磨いたあと水で流します。

6.ボロ布でよく水分を拭き取ったら、ゴミ袋の上に新聞紙を広げてプロペラやフィルターを置いて乾燥させて下さい。

7.取り外せない部分は、洗剤をつけたキッチンペーパーを20から30分くらい貼り付けて汚れを浮かせます。そのあとボロ布で拭き取ります。

掃除の手間が省けるよう、換気扇にはワックスがけをすることをオススメします。自動車用や靴用のワックスのほか柔軟剤でも代用できます。換気扇に薄く塗っておくだけで汚れにくくなります。

最新記事

家を掃除することで運気が上がるといいますが、具体的にどんなことをするとどんな運が上がるんですか?

掃除をすることで、邪気を祓って幸運を運んできてくれる神様にとって住み心地のいい場所になります。


Copyright© 2016年5月25日 換気扇などのお掃除が難しい場所を効率的を綺麗にするためのコツリスト
http://totaldismay.com All Rights Reserved.