閉じる
    閉じる
    閉じる
    1. 家を掃除することで運気が上がるといいますが、具体的にどんなことをすると…
    2. 家の本の掃除やカビ対策、虫干しのやり方を教えて下さい。大切な本を汚れか…
    3. 家の掃除をするのが苦手で時間もなかなか取れません。少しでも掃除が楽にな…
    4. 家の掃除をエコに行う方法を教えて下さい。捨てるものでエコ掃除。お財布に…
    閉じる

    換気扇などのお掃除が難しい場所を効率的を綺麗にするためのコツリスト

    家の本の掃除やカビ対策、虫干しのやり方を教えて下さい。大切な本を汚れから守ろう。掃除やカビ取り、虫干しのやり方。

    「本の掃除」
    用意するもの
    ・雑巾
    ・掃除機
    ・筆
    ・住宅用の洗剤

    1.窓を開けて換気を良くしてから、本をすべて取り出しましょう。本は開いてしまわないよう手でしっかりと持ち、筆を使ってホコリを落としていきます。落ちにくい汚れは、固く絞った雑巾で磨いて下さい。

    2.本棚は掃除機をかけ、棚が取り外せるのなら取り外したあと、固く絞った雑巾で磨いていきます。頑固な汚れは、中性洗剤をつけた雑巾で磨いたら水拭きをして、最後に乾拭きをします。本棚が移動できるのなら、下や裏側も掃除しましょう。

    3.カビの原因になるので、本棚がしっかり乾燥してから本を戻して下さい。

    「本のカビ取り」
    カビを吸い込めばアレルギーの原因になります。掃除するときは、使い捨てマスクや使い捨て手袋を着用したうえ、換気の良い場所でやりましょう。

    用意するもの
    ・ペーパータオル、または古布。
    ・エタノール(カビ対策なら無水エタノールよりも、消毒用エタノールのほうが効果的)
    ・重曹と密閉容器。

    1.カビがついている部分を、エタノールをつけたペーパータオルで拭きます。カビが広がってしまわないよう、ゴシゴシ擦らずに一方向に動かして下さい。できるだけキレイな面を使って拭くようにします。

    2.本棚にもカビが広まっていると考えられるので、本棚もエタノールをつけて掃除をして下さい。湿気があるとカビが発生しやすくなるため、よく乾燥させてから本をしまいます。

    3.カビのニオイがついている本は、重曹と一緒に密閉容器に入れておくと、重曹がニオイを吸い取ってくれます。本が汚れないように重曹はティッシュに包んで使います。

    「カビ予防をしよう」
    せっかくカビ取りをしても、カビが発生しやすい環境になっていれば再び生えてきます。

    ・湿度60%以上で、温度10から35℃くらい。
    ・カビの胞子やホコリ、食べかすなどが多い環境。

    カビの胞子やホコリなどは、人が生活していればどうしても発生してしまうため、こまめに掃除するしかありません。柔軟剤やヘアコンディショナーには静電気を防ぐ効果があります。柔軟剤などを水で薄めたあと、雑巾を浸して本棚を拭いておくとホコリ除けになります。

    湿気取りには除湿器やサーキュレーターを使うほか、通風を良くするため、本棚が壁に密着しないように設置したり、本を詰め込みすぎないようにします。

    「虫干しをしよう」
    晴天が続いて空気が乾燥している日の、午前10時から午後2、3時ごろが適しています。直射日光に当ててしまうと本が変色したり、乾燥しすぎてパリパリになるので、風通しの良い日陰、または屋内で扇風機の風を当てます。本は90度以上180度以内の角度で広げたまま放置しておくか、パラパラとめくって空気に触れさせます。

    関連記事

    1. 家の掃除をするのが苦手で時間もなかなか取れません。少しでも掃除が…

    2. 家を掃除することで運気が上がるといいますが、具体的にどんなことを…

    3. 家の掃除をエコに行う方法を教えて下さい。捨てるものでエコ掃除。お…

    ピックアップ記事

    1. 掃除をすることで、邪気を祓って幸運を運んできてくれる神様にとって住み心地のいい場所になります。掃除は…
    2. 「本の掃除」用意するもの・雑巾・掃除機・筆・住宅用の洗剤1.窓を開けて換…
    3. 掃除は誰かがしないとどんどん部屋が汚れていきます。汚れを無視しているとどんどん落ちにくくなり見たくな…
    4. 「野菜のくずでシンクの掃除」ダイコンやキュウリ、ニンジンなどから出る野菜くずは、捨てる前にシンク…
    ページ上部へ戻る